MENU

ペルソナの遺伝子検査は正確なのか?信憑性を考察してみる

ペルソナ育毛剤の最大の売りであるAGA遺伝子検査だが、どれほど正確なのか?

 

あれだけ簡単な検査キットで本当にしっかり検査できているのかというのは、やった人間なら疑問に思う部分でもあるだろう。ここが正確でないのなら、ペルソナ自体の存在価値が危ぶまれるということにもなる。

 

実際どうなのか気になったので少し調べてみた。

 

ペルソナの遺伝子検査方法

ペルソナではSNP検査と呼ばれる方法で遺伝子検査を行っている。このSNP検査は、AGA治療専門のクリニックや病院でも使われている方法だ。

 

SNP検査とは?

SNP(スニップ)とは個人間の遺伝情報のわずかな違いのことで、一塩基多型とも言います。

 

ヒトが保有する約30億の塩基対の配列には人種や個人間で異なる部分があり、1つの塩基だけが別の塩基に置き換わっているものをSNPといいます。SNPは30億の塩基対の中に約1000万カ所、このうち遺伝子領域には約100万カ所存在すると考えられており、遺伝子領域にあるSNPの中には、体内で作られる酵素やタンパク質の量、発現の時期、機能などに違いを生み出すものがあります。

 

この違いが、体質の違いや、ある特定の病気へのかかりやすさ、薬剤効果への反応性(薬の効きやすさや副作用の出方)などの個人差を生み出す要因になっているとされ、SNP から病気の遺伝的背景を調べたり、原因遺伝子が特定されている病気については将来の危険率を予測したりすることで、より個人に合った治療や投薬(オーダーメード医療)が展開できると考えられています。 

 

引用元:Persona公式HP

 

SNP検査で分かること

この検査で具体的に何を調べるかというと次の3点。

 

  1. タンパク質の質や量から毛髪のタイプを調べる
  2. 皮膚の遺伝子から頭皮トラブルのリスクを調べる
  3. アンドロゲン受容体に対するリスクを調べる

 

特に重要な項目がアンドロゲン受容体に関する部分。この受容性がAGAリスクが高くなる原因となる。

 

SNP検査ではアンドロゲン受容体の受容性を判定できるため、薄毛になりやすい遺伝子なのかそうでないかを判断する大きな指標とすることができる。

 

その他の項目も、結果に照らし合わせて成分や液状を決定するために正確な数値のでる検査となっているようだ。

 

ペルソナの遺伝子検査はほぼほぼ正確っぽい!

あんな簡単な方法の検査でここまで分かるというのは本当なのか?と疑ってしまうのも分かる。だが、近年の技術の発達はすさまじいらしく、あれだけで薄毛に関する遺伝子の情報は分かってしまうらしい。

 

そもそも逆転の発想で考えると、遺伝子検査が適当なものならここまでペルソナ育毛剤の人気が出ることはないだろう。効果が出るということはそれイコール遺伝子検査が確かなものという信憑性は十分にあると言えるだろう。

ペルソナ効果口コミ

このページの先頭へ